国土交通省・事故防止支援事業、助成金対象製品(H28)

「ウエアラブルセンサー」と「動態管理」が連動

ドライバー・乗務員の「脈拍」・「睡眠」・「運動量」が見える

動態・健康管理システム「スマ・ロケ Health care」は、腕時計型ウェアラブルセンサーから取得される生体データを、スマートフォンを通じて自動的に管理拠点へと通知します。

・システム構成イメージ

※画像クリックで拡大されます

「スマ・ロケ Health care」(ヘルスケア)は、セイコーエプソン製脈拍計測機能付き活動量計"PS-100"とスマートフォン動態管理システム"スマ・ロケ"が連動し、位置情報・ステータスとともに

・脈拍

・睡眠(深い・浅い)

・運動量、歩数

を管理拠点へ自動通知。脈拍が設定値を越えた場合、管理画面にポップアップ通知するとともに、予め設定されたメールアドレスに通知メールを送信します。

 

これにより、社外で業務を行っているドライバーの脈拍を運行管理者がリアルタイムに把握することができ、客観的なデータを元に安全運行を支援することが可能です。

また日々の睡眠(睡眠総時間・浅い眠り・深い眠り)や運動量、歩数などをデータベースに自動保存。データをダウンロードすることにより履歴や推移の確認ができ、健康管理推進に貢献致します。

 

動態管理システムの機能については、以下からご確認下さい。

動態管理システム「スマ・ロケ」

 

・スマートフォン運用画面

 脈拍表示及びステータス表示

 ステータスは任意に設定可能です(最大8項目)

・睡眠、運動量、歩数確認画面

 Pulsense PS-100を装着したまま睡眠することにより、睡眠時間を自動計測、管理サーバへデータ保存します。


ニュースリリースはこちらから。

カタログのダウンロードはこちらから。

詳しい資料や、お見積りはこちらからお問い合わせ下さい。

 

・運行管理画面

 地図上に"現在地"及び"現在の脈拍"が表示されます。

 管理画面で設定した値を越えた場合、予め設定されたメールアドレスに自動的にメールが送信されます。

※画像クリックで拡大されます

・脈拍計測機能付き活動量計、"Pulsense PS-100"


Pulsenseはセイコーエプソン株式会社の製品です。